原状回復費用0円に

賃貸借契約では店舗・事務所を引き払う際に原状回復が義務づけられているケースが大半です。つまり入居時の造作箇所や設置した設備は退去時には全て撤去し原状回復する必要があるのです。では費用負担ゼロで退去するにはどのようにすればよいのでしょうか。

原状回復費用0円に

弊社は居抜き物件マッチングサービスを提供しております。このサービスは退去されるテナント様の造作や設置した設備を新たに入居されるテナント様に譲渡いただく契約をお手伝いするものです。このサービスをご利用いただくメリットとして次のものが考えられます。

1.造作譲渡で原状回復費用をゼロに

新規で入居を希望されるテナント様はできるだけ初期費用を抑えたいと考えています。そこで退去されるテナント様と両者が内容、金額等で折り合えば造作譲渡契約が成立します。原状回復費用をゼロにした上、造作の売却益も得られます。

2.退去決定から実際に引き払うまでのコストを削減できます。

一般的に賃貸借契約では解約の申し出から実際に引き払われるまでに3ヶ月程度必要になります。
もしすぐにでも引き払いたいということであればこの期間は無駄なコストとなります。居抜き物件マッチングサービスは物件を新規に借りたいというテナント様が毎日のように情報をチェックされています。従いましてスピーディーなマッチングが可能になります。

3.物件の貸し主のメリット

テナントが解約されると物件の貸し主は通常次のテナントを募集するため、広告宣伝(費用がかかる)が必要になります。さらにテナントが撤退する前に次の借り手を見つけなければ家賃収入も途絶えてしまいます。ここで次のテナントが決定しているという状態は貸し主にとってもメリットとなるわけです。